マシュー7.13から20 13狭い門で入力します

22/02/2014 08:05
マシュー7.13から20
13狭い門で入力します。広いため、ゲートと滅びに至る幅広い方法であり、多くはそれを介して入力します。 14狭いゲートで、生活につながる道を狭めているため、といくつかtrouvent.15 ¶しかし、羊の衣を着てあなたがたに来る偽預言すると警告が表示されますが、内向きオオカミあなたはその実によって彼らを知っているravisseurs.16ている人である。 、男性はとげのブドウに集まるか、あざみのイチジクは? 17は、たとえそうであっても、すべての良い木は良い実を結び、悪い木が良い木が悪い実を作り出すことができない悪いfruits.18を負いませんも悪い木はあなたが彼らのfruits.21する¶私に言う誰も、主よ、主によって彼らを知っているので、良い実を結ばないどの木が切り倒さとfeu.20に投げ込まれて良いfruits.19を生成することができますその天の国に入るが、彼はcieux.22に多くあり、私の父の意志は、その日にわたしに人を言うだろうん、主よ、主よ、私たちはあなたの名において預言しておらず、 ?我々は自分の名前で悪霊を追い出しておらず、我々はあなたの名23に多くの奇跡を実行しないし、私は彼らに宣言します、私は知らたことがない、あなたがた、私から出発すること悪人0.24したがってわたしのこれらの言葉を聴し、それらを行う者誰でも、私は岩の上に自分の家を建てた賢い人に、わたしは彼を例えるます。 25雨が降り、洪水が押し寄せ、風吹いてその家に、それはroc.26に設立され、誰でもがわたしのこれらの言葉を聴し、実践していませんしたことはなく、落ちた人愚かな人に似ている砂の上に自分の家を建て: 27雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけると、それが落ち、その秋にはgrande.28であり、それは渡すようになったときイエスはこれらの言葉を終えた、群衆は彼の教義に驚いた。 29彼は1持つ機関としてではなく、彼らの律法学者として、それらを教えてください。
 
7:13-29は山上の垂訓のこの最後の部分は、福音のメッセージの特徴である。 2ドア、 2パス、 2目的地と人々の2種類( vv. #山7:13-14 ) 、木の2種類とフルーツの2種類( vv. #山7:17-20 )があります。判定時の2グループ( vv. #山7:21-23 ) 、および基礎の2種類( vv. #山7:24-28 )を構築ビルダーの2種類。キリストも、滅びに至る道、そして人生につながる1の間の境界できるだけ明確に提起する。
       広い近づけ7:13-14 2ドアは、神の国への入り口を提供することになっている。男性は2つのパスを提供しています。狭い門だけでは、キリストを通って狭いし、特定の信仰の旅、 、の集大成です。それは、永遠の命につながる神の道によれば、真の救いを表します。広いドアが作品や独善のすべての宗教、単一の指定されたチャンネル( #使徒4:12参照)が含まれますが、それは地獄へではなく、天につながる。
コメント研究では、ジョン·マッカーサーによって指摘している。
Mashū 7. 13 Kara 20 13 Semai mon de nyūryoku shimasu. Hiroi tame, gēto to horobi ni itaru habahiroi hōhōdeari, ōku wa sore o kaishite nyūryoku shimasu. 14 Semai gēto de, seikatsu ni tsunagaru michi o sebamete iru tame, to Ikutsu ka trouvent. 15¶ Shikashi, hitsuji no i o kite anata gata ni kuru nise yogen suru to keikoku ga hyōji sa remasuga,-nai-muki ōkami anata wa sono jitsuni yotte karera o shitte iru ravisseurs. 16Te iru hitodearu. , Dansei wa toge no budō ni atsumaru ka, azami no ichijiku wa? 17 Wa, tatoe sōdeatte mo, subete no yoi ki wa yoi mi o musubi, warui ki ga yoi ki ga warui mi o tsukuridasu koto ga dekinai warui furūtsu. 18 O oimasen Mo warui ki wa anata ga karera no furūtsu. 21 Suru¶ watashi ni iu dare mo, omo yo,-nushi ni yotte karera o shitte irunode, yoi mi o musubanaido no ki ga kiritaosa to feu. 20 Ni nagekoma rete yoi furūtsu. 19 O seisei suru koto ga dekimasu Sono ten no kuni ni hairuga, kare wa cieux. 22 Ni ōku ari, watashinochichi no ishi wa, sonohi ni watashi ni hito o iudarou n, omo yo, omo yo, watashitachi wa anata no nanioite yogen shite orazu, ? Wareware wa jibun no namae de akuryō o oidashite orazu, wareware wa anata no mei 23 ni ōku no kiseki o jikkō shinaishi, watashi wa karera ni sengen shimasu, watashi wa shirata koto ga nai, anata gata, watashi kara shuppatsu suru koto Akunin 0. 24 Shitagatte watashi no korera no kotoba o yurushi, sorera o okonau mono dare demo, watashi wa Iwanoue ni jibun no ie o tateta kashikoi hito ni, watashi wa kare o tatoerumasu. 25 Ame ga ori, kōzui ga oshiyose,-fū Fuite sono-ka ni, soreha roc. 26 Ni setsuritsu sa re, daredemo ga watashi no korera no kotoba o yurushi, jissen shite imasen shita koto wa naku, ochita hito orokana hito ni nite iru Suna no ue ni jibun no ie o tate: 27 Ame ga ori, kōzui ga oshiyose,-fū ga fuite sono-ka ni uchitsukeru to, sore ga ochi, sono aki ni wa gurande. 28Deari, soreha watasu yō ni natta toki Iesu wa korera no kotoba o oeta, gunshū wa kare no kyōgi ni odoroita. 29 Kare wa 1 motsu kikan to shitede wa naku, karera no rippōgakusha to shite, sorera o oshietekudasai. 7: 13 - 29 Wa sanjōnosuikun no kono saigo no bubun wa, fukuin no messēji no tokuchōdearu. 2 Doa, 2 pasu, 2 mokutekichi to hitobito no 2 shurui (vv. # Yama 7: 13 - 14), Ki no 2 shurui to furūtsu no 2 shurui (vv. # Yama 7: 17 - 20) Ga arimasu. Hantei-ji no 2 gurūpu (vv. # Yama 7: 21 - 23), Oyobi kiso no 2 shurui (vv. # Yama 7: 24 - 28) O kōchiku birudā no 2 shurui. Kirisuto mo, horobi ni itaru michi, soshite jinsei ni tsunagaru 1 no ma no kyōkai dekirudake meikaku ni teiki suru.         Hiroi chikadzuke 7: 13 - 14 2 Doa wa,-shin no kuni e no iriguchi o teikyō suru koto ni natte iru. Dansei wa 2tsu no pasu o teikyō shite imasu. Semai mon dakede wa, Kirisuto o kayotte semaishi, tokutei no shinkō no tabi, , no shūtaiseidesu. Sore wa, eien no inochi ni tsunagaru kami no michi ni yoreba, shin no sukui o arawashimasu. Hiroi doa ga sakuhin ya dokuzen no subete no shūkyō, tan'itsu no shitei sa reta chan'neru ( # shito 4: 12 Sanshō) ga fukuma remasuga, soreha jigoku e dewa naku, ten ni tsunagaru. Komento kenkyūde wa, Jon· makkāsā ni yotte shiteki shite iru.
https://cms.dieu-avant-tout-com.webnode.fr/